どこまでご存知ですか?Webマンガの見せ方6選 | イラストと漫画で分かるマンガマーケティング

どこまでご存知ですか?Webマンガの見せ方6選

マンガマーケティング2018/07/31
このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴野

おほんっ、太巻君!
我が社の新製品「腰痛の人にやさしすぎるイス」を訴求する
Webマンガは完成したのかね?

太巻

はい~!
できています~

鶴野

社運をかけたプロジェクトだ。
その他に諸々の準備は
滞りなく進んでいるのかね?

太巻_?

え~と
その他の準備ってなんでしょうか~?

鶴野_怒

えぇ?いや、ほら!い、色々あるでしょ!
それくらい自分で考えてなさいっ!

太巻

部長、教えてくださいよ~

鶴野_汗

(やばい、カッコつけて太巻くんに指示したけど
なにも考えてなかったよ・・・)

細井

Webマンガを掲載するといっても
どのような方法でユーザーにマンガを読んでもらうのか。
見せ方も考える必要がありそうですね。

鶴野_驚

そう!そういうこと!
さっすが細井くんだね!

太巻_?

で、具体的にどうするんです~?

鶴野

せ、せっかくだから、腰痛でお悩みのご年配の方にも
ストレスなく読んで欲しいよね!

太巻_和

鶴野部長、優しいですね!!
ユーザーのことを考えていますね~

細井

それで、結局どうしたらいいんでしょう?
具体的なアイデアはあるんでしょうか?

鶴野_汗

うっ・・・

細井

Webページにそのまま掲載するのか、はたまたPDFファイルで
ダウンロードしてもらうなど色々あると思うのですが…

太巻

ちょっとみんなで考えましょうか~

制作したWebマンガについて
どのように読んでもらうのが一番いいのか考える3人…
はたして、決めることができるのでしょうか…

鶴野_汗

…うんっ、わからないね。
もういいや、とりあえずPDFでダウンロードできるよう
にしておこ…

SFマン影

ちょっとまってくださ~い!!!

太巻_?

え?いまなんかドアのほうから声が…

Webマンガは、制作するときも
注意点は多いですが
見せ方も同じくらい大事なんです!
いい加減に決めてはいけませんよ!

鶴野_驚

わっ!!
いきなり誰・・・!?

細井_驚き

い、一体何者でしょうか…

SFマン

突然失礼しました。
特別にWebマンガの色んな見せ方について教えてあげましょう!
せっかく制作したWebマンガなのですから、もっと効果的に
ユーザーに読んでもらいましょう!

太巻_喜

わ~見知らぬ人がきてビックリしたけど・・・
今ボクたちが一番知りたいことを教えてくれるようですよ~

細井

自分たちで考えていても決められなかったし…
ここは話を聞いてみましょうか

鶴野

そ…そうだね

SFマン

では、コホン!
ユーザーは本当に色々なタイプの方がいらっしゃいます。
Webマンガを読む人がどのようなタイプで
どういう目的でWebページに訪れているのかまで考えて
掲載する方法を考える必要があるのです!

太巻_喜

なんかすごい勉強になりそう~
はやく教えてください~

SFマン

わかりました。
では、一つずつ確認していきましょう!

1.WEBページに縦にそのまま並べて掲載する

LP(ランディングページ)など縦長のWEBページで
ユーザーにマウススクロールしてもらいながら
自然に読み進めてもらいたい場合に活用します。
「マンガ以外のコンテンツ」「マンガクリエイティブ」を 交互に並べることが可能であるため
ユーザーへの導線設計などが重要になるLPに用いることが多くなります。

鶴野_幸

じゃあ、これで行こう!!

SFマン

いえ、まだ他にもありますよ。
簡単に決めてはいけません!

2.WEBページにポップアップさせて
紙のマンガのようにめくって読んでもらう

「マンガクリエイティブ」
メインにしたWEBページを考えている場合において、
とにかくマンガを優先的で読んでもらいたい場合に
活用します。
紙と同じようにめくるイメージで読んでもらう形です。

ただし!スマホだと見にくくなる場合もあるので
スマホ用のマンガ画像を準備することをおすすめします。

太巻_喜

今回はマンガをメインで読んでほしいので
これにします~!

SFマン

みなさん決断が早いのはすばらしいですが・・・
続きがあるので説明を続けますね。

3.ユーザーにダウンロードをしてもらい
マンガを読んでもらう

ストーリーの続きが気になる途中までしかマンガを
掲載しないことで、ユーザーからの能動的な
アクションを誘発します。
具体的には、入力フォームを最後に設置し、
当該入力フォームに情報を入力したユーザーにのみ
マンガをダウンロードできるよう設計します。
入手したユーザー情報をもとに、メルマガの配信や
電話をかけることで直接コミュニケーションを
取ることを狙いにします。

細井

この見せ方は私も考えていました。
まだあるのですか?

SFマン

はい、ここまでは序の口です。
応用編はこれからですよ!

4.ユーザーに選択肢をあたえ
選んだ項目によってシナリオが分岐する


パターン1


パターン2

すでに悩みを抱えている「顕在層」
まだ悩みに気がついていない「潜在層」
どちらのユーザーにも効果的に訴求を行いたい場合など 選択肢の項目を設置します。
ユーザーの選択によってシナリオが分岐し、
「潜在層向けシナリオ」「顕在層向けシナリオ」
マンガクリエイティブを各々選択したユーザーに
読んでもらうことができます。
ユーザーごとに訴求内容を変更したい場合において
効果的な見せ方となります。

太巻_喜

こんなのもあったんだ!

SFマン

ユーザーの性格、性別、年齢、好み、考え方、価値観など
様々な切り口で選択肢を設け、ターゲットごとに訴求点を
変えたシナリオを読んでもらうこともできます。

細井_驚き

マーケティング的にもすごく考えられている・・・
すごいですね・・・

SFマン

はい、ただマンガを読んでもらうのではダメなのです!
読み手(ユーザー)のことを深く考え、それぞれに合致したマンガを
見せるのです!
では、次です!

5.関心の高いユーザーに対しては
異なるマンガを表示する

1回目の訪問

第一話「相談ダイヤル編」


2回目の訪問

第二話「パスポート紛失編」


クッキー制御を行って、Webページを再訪問した際
表示するマンガを変えることできます。
関心度の高いユーザーに対しては、
より具体的で詳しい情報を訴求しているマンガを
読ませることもできます。
「リタゲ」によってユーザーを再訪問させ、
別のマンガを読んでもらうことで、顧客育成を進める
ことも可能です。
顧客の育成フェーズに合わせたマンガを用意して、
継続的に訴求を行うことができます。

鶴野_驚

自分が興味のあるサービスについて、「続きのマンガ」が表示されたら
読んじゃうかも!

太巻_喜

さらに続きも気になって何回も訪問しちゃいそうです~

SFマン

ふふんっ
ここまで考えてマンガを制作できる人はあまりいないですよ!
あとは・・・

細井_驚き

あとは・・・!? (ゴクリ)

SFマン

マンガを動かすことが出来るのです!

太巻_?

マンガが動く~?

SFマン

はい、百聞は一見にしかず!
まずは見てください。

6.マンガの特定のワンシーンを
アニメーションで動かす

バンッ
太巻_輝

ぎゃ~怖い!
臨場感がある~!

SFマン

人間はつい「動いているもの」に視線が向いてしまいます。

細井

たしかにそうですね。

SFマン

強調シーンで活用できるのは当然のこと
マンガの導入部分でアニメーションを入れ、最初にユーザーの興味を
強く惹きつけることも大切です。
マンガの続きをどうしても読みたくなる施策を行うのです。
離脱を防ぐ効果を期待できます。

鶴野_驚

な・・・なるほど
よく考えられているんだね・・・



鶴野

・・・じゃ、じゃあ
そろそろどうするのか決めようか?

太巻_喜

そうですね~、じゃあみんなで一番いいと思ったやつを
発表しましょう!

鶴野

私は④「ユーザーに選択肢をあたえ選んだ項目によってシナリオが
分岐する」がいいと思ったよ!

太巻

⑥!ぜったい⑥!アニメーションで動かしたいです~!!

細井

⑦です・・・!

鶴野_驚

え?⑦なんてあった?

太巻

まさか細井さんがボケをっ!?

7.Webマンガの見せ方は
Webマンガ制作のプロにまかせる

細井_怒

⑦です!
自分たちの好き嫌いで決めてはいけません。
読み手目線(ユーザー目線)で考える必要があります

SFマン

お見事!
これだけ色々と見せ方がある理由としても
ユーザー目線で考えたケースバイケースによって、
最適なものを選択すべきだからなのです!

鶴野_汗

いや、それだと結局決められないんだけど・・・

SFマン

ご安心を!
世の中には、そういったマンガを制作しマーケティングのツールとして
活用を提案している会社があります。

細井

さっそく、そこに問い合わせしましょう!

太巻

どこの会社さんなんでしょうか~?

太巻_?

ってあれ!?
いなくなってる?

鶴野

なんかメモ紙がおいてあるよ。

細井

どれどれ・・・
本日の総まとめと・・・

太巻

問い合わせ先の情報が・・・!

鶴野_驚

(でも、あの人誰だったんだろう・・・)

Webマンガを制作するとき
ユーザーにどう読んでもらうかまで
考えて制作する必要があります。

Webでマンガを読んでもらう方法として主に6種類ありました。
※ほかにも方法はあり、ターゲットやユーザーに応じて
個別に考え出すことができます。

1.WEBページに縦にそのまま並べて掲載する

2.WEBページにポップアップさせて 紙のマンガのようにめくって読んでもらう

3.ユーザーにダウンロードをしてもらいマンガを読んでもらう

4.ユーザーに選択肢をあたえ選んだ項目によってシナリオが分岐する

5.関心の高いユーザーに対しては異なるマンガを表示する

6.マンガの特定のワンシーンをアニメーションで動かす

どれが「もっとも優れた見せ方」というものはありません。 制作したWebマンガの目的を考え、また、ユーザー目線に立ち、ユーザーの分析を行ったうえで、より効果的にマンガを読んでもらえるように設計します。

こういうのを「マンガマーケティング」と呼ぶようです。 このように制作したWebマンガをどのようにユーザーに読んでもらうのかまでを考えた総合的な視点でマンガ制作を行うことが大切です。

では、最後に「マンガマーケティング」を専門で行っておりパイオニアでもある、とある会社さんの問い合わせ先を記載しておきます。
みなさんが成功することを願っております。

漫画制作のお問い合わせはこちら。このボタンを押してみよう!

tophe