【マンガ活用法(ランディングページ編)】訴求したいことを全部マンガにしておけば、読んでもらえて、分かりやすくなって、効果がある!…って本当? | イラストと漫画で分かるインバウンドマーケティング

【マンガ活用法(ランディングページ編)】訴求したいことを全部マンガにしておけば、読んでもらえて、分かりやすくなって、効果がある!…って本当?

Webマーケティングコンテンツマーケティングマンガマーケティング2018/04/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
鶴野

太巻くん!ちょっと!これ何?

太巻

なんですか鶴野部長? ああ、先日頼まれた
我社の新製品「腰痛の人にやさしすぎるイス」の
LP(ランディングページ)に載せるマンガ広告の見積もりですよ~

鶴野

いくら何でも高すぎるでしょう! こんな予算でないよ…

3社ほど制作会社と打ち合わせて、見積もり取ったんですけどね…
どこも似たような感じなんですよね~

細井

これ… マンガ何ページ分の制作見積もり?

堂々の200ページ相当です!

え… なんでそんなに?

細井

多すぎる…

だよねぇ… なんでそんな事になってるのよ。

今回の新商品を語るには、やはり我社の成り立ちから始まって
開発に至るまでの道のり、乗り越えた苦難、様々な機能、ボクと嫁との出会いなど
いろいろ盛り込んでほしいので、その事を打ち合わせで話したら
どこの制作会社でも、これくらいになるだろうってことです。

太巻くんと奥さんの出会いはいらないでしょう。
でも…たしかに特に力を入れてる商品だしねぇ
そのくらいボリュームが必要なのか… 

細井

…いやいや、そんなにいらないでしょう…

え~
LP(ランディングページ)に載せるマンガですし
その量はさすがに多いかと…

やっぱりそうだよねぇ 
マンガでも、その長さはしんどいと思うよ

じゃあ、この内容を何ページくらいにまとめます?

 

この後、3人のおじさんは
何ページのマンガなら、ランディングページに載せて読みやすいのか?
という事を検討しましたが…

 
鶴野

…わかんないね…

太巻

…そうですね…

鶴野

ここはプロに聞いてみましょうか~

 

というわけで、某制作会社さんに来てもらいました

 

 

吉井です。よろしくお願いします!

鶴野

では、いままでの経緯を説明しますと…カクカクしかじか

太巻

そんなわけで、何ページくらいにしたらいいですかね?

結論から申し上げますと
これだけの内容を少ないページで表現するのは、さすがに無理です。
それに、ターゲットにとって興味のない情報を長々と説明しても
かえって逆効果になります。

なるほど…

ほら~ 鶴野部長、あんな情報量はいらないって
言ったじゃないですか~

ちょっと!太巻くんが入れたがってたんでしょ!

具体的には、どうしたらいいですかね…?

今回、訴求する商品は「腰痛の人にやさしすぎるイス」で、
ターゲットは顕在層で間違いないですか?
制作したいのは、そのLP(ランディングページ)に載せるマンガ
ということでよろしいですか?

はい!我社としても、力を入れてる商品なんですよ~

それならLP(ランディングページ)には
「いいイスを探している腰痛の人」が比較的ニーズを顕在化させている
状態で流入してくるので、まずは流入してきた「ユーザーが求めている情報」を
徹底的に分析のうえ、マンガで効果的に訴求することが大切です!

え~っと? どういうことでしょう?

あくまで一例ですが
ターゲットがLP(ランディングページ)に流入して内容を見る時は、
このような流れです。

 

ここで「御社の成り立ち」といった内容が
延々と続いたら、ターゲットはどうすると思いますか?

ぼくがなら…早くどういうイスなのか教えてよ!
って気持ちになりますね

鶴野

たしかに、腰痛にいいイスの事を知りたくて来たわけだから
うちの歴史の話が出てきてもねぇ

細井

LP(ランディングページ)から、すぐ離脱するかもしれません。

 

そうですね!
極端な例で言うと「バナナを買おう」と店に入ったら、店内には
「リンゴしか置いてあるようにしか見えなかった」場合
店から出て行ってしまう人が多くなると思いませんか?
LP(ランディングページ)も同じなんです。
期待した モノ=情報 がマンガに入っていないと離脱しやすくなります。

なるほどね~
じゃあ、今回作りたいランディングページの場合は
「腰痛の人にやさしすぎるイス」の説明をすぐに出した方がいいですかね?
それも一つの手段ですが
マンガを活用するのですから、弊社であれば次のような構成をおススメします!
これなら、こういった
ターゲットの心理と行動が期待できます!

 

なるほど~
LP(ランディングページ)に流入したターゲットが
そのまま マンガの主人公になるような感じだね!

まず《共感》を得られれば、自然と続きを読む事が期待できますね。

いきなり、商品の機能説明があるより
こっちの方が 読んでみよう って気になりますね~

訴求する商品やサービスの性質によっては、最初に機能説明をする方が
有効な場合ももちろんあります。
先ほどの例は、最初にマンガで《共感》を得る内容ですね。
その上で、商品の効果をマンガで「疑似体験」してもらい、訴求商品がターゲット
の悩みに対する解決策であることを具体的にイメージしてもらいます。

具体的なイメージができて、期待があるから、続きのテキストでの説明も
読み進めたくなる…というわけですね。

今回訴求する商品の機能説明であれば
マンガで説明するよりも、テキストと図表などで説明した方が
分かりやすいかと思います。

そうか~ とりあえず、全部マンガにしておけば
分かりやすいだろう って考えじゃダメなんですね~
鶴野部長、反省してください!

鶴野

うん…反省する…って、太巻くんもだよ!

鶴野部長…こちらの会社さんは、いろいろと考えて制作してくれる所のようですし
このまま制作をお願いしていいのでは?

そうだね~

では、訴求商品やターゲットについてもう少し詳しく教えていただけますか?
ターゲット分析、商品分析、市場分析など徹底して行ったうえで
マンガ制作に取り掛かりますので!

 
 
 
こうして、よい制作会社も見つかって
新商品用のマンガLPの制作は順調に進んでいくのであった。
 
 

とにかくマンガであれば
「読んでもらえる」「わかりやすい」
というわけではありません。

マンガを活用した広告は増えていますが
ただ、マンガ広告を制作すれば効果が高まるわけではありません。
マンガではない方が訴求内容が伝わる場合もありますし
コンテンツを提供していく「構成」や「 マンガ広告の配置」も重要です。
マンガ広告を制作するにあたっては、ターゲット目線に立ち
訴求する情報を取捨選択のうえ、
ストーリー設計を行っていく必要があるのです。


マンガ広告は
「マンガを作るだけ」ではないのです。

企業側がターゲットに訴求したい情報と、ターゲット側が求めている情報は
必ずしも一致するとは限りません。

ターゲット分析、商品分析、市場分析など
マーケティングに必要な分析を徹底的に行ったうえで
伝えたい内容、伝えるべき内容、求められている内容を吟味して
適切なマンガ広告を制作する事が不可欠なのです。
これが「マンガマーケティング」です。

とにかく訴求内容をすべて盛り込むために
大量のマンガ制作を進める制作会社もありますが、
『マンガマーケティング』の観点からはおススメいたしません。

あくまでマーケティングの観点から
ターゲット目線で訴求すべき情報をマンガ広告に盛り込み、
広告としての効果を期待できるマンガ制作が重要なのです。

漫画制作のお問い合わせはこちら。このボタンを押してみよう!

オフィス用品販売会社勤務の3人のおじさん鶴野部長、太巻、細井。ある日社長から「今日から君たちはWEBマーケティング部へ配属だ!インターネットでわが社の売上を伸ばしてくれ」と任命されました。

tophe