4 / 5

モバイルバナー広告

現在、ケータイはなくてはならないツールになりましたが

モバイルサイトはみなさん利用されてますか?

僕は、WEBとモバイルのマーケティングの提案をクライアント様に

していますがモバイルに強みを持っています。

もちろん広告代理事業もやってますのでよく提案しています。

電車に乗るときなどの移動時間は、mixiやGREE、モバゲータウンなどの

モバイルメガ媒体を常にチェックしどんな企業が出稿し、どういった

クリエイティブで訴求しているか見ています。

おかげで、僕のケータイは、バナーだらけ。。。。

見事なバナー収集家となっております。( ̄ー ̄;

それに、ランディングページの収集もしており

画面メモやBookmarkがいっぱいの状況です( ̄▽+ ̄*)

メルマガもかなりとっています(笑)

EC系のクライアント様が多いのでEC系メルマガが1日に

かなり飛んでくる状況。(受信料金が大変・・・(T_T)

で、今日はモバイルのバナーのご紹介。

モバイルのバナーは、PCと違って、非常に小さいため

訴求する内容をしっかり考えないといけません。

一般的な大きさは 192 × 53 。

集めていると結構、コピーとかがおもしろいものがあります。

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

まずはエステ系企業。

mixiモバイルのマイページのTOPバナーに多いですね。

大手エステ会社はほとんど出稿しています。

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

金融系。

金融はどの媒体でもテキストのほうが効果が

いいようです。その訳は、ユーザーの目的がはっきりしている

ので文字のほうが誘導しやすい。

借りる気が全くない人はクリックはしません。

(大手金融会社でもテキストのほうが効果は

いいとのこと)

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

そして見事なのが D●C。

アニメ調にし、コピーもおもしろい。

これはついついクリックしたくなりますね。

クリエイティブ、コピーともに◎

でも最近、他社に真似されてきてます。

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

これは何の広告バナーかわかりますか?

結構アダルトなにおいがしますが、これは。。。

(訴求はほぼアダルトを連想させるもの)

電子書籍。

モバイルで電子書籍(マンガ)を見る人の多くが

女性です。普段、表に出せない一面がモバイルの

電子書籍に向けられているのかもしれませんね。

電子書籍市場は2007年で221億円。

どんどん伸びてきていて最近ではビッグローブが

かなり広告をうってました。

ちなみに上記のバナーは、mixiモバイルでメッセージを

送った後に表示されるバナーです。

mixiモバイル内では珍しく、アニメGifがOKで動きが

ある表現ができます。

mixiユーザーの54.3%が女性でそのうち20歳~24歳の

女性ユーザーが非常にアクティブだと言われています。

そのためmixiモバイルは電子書籍だらけです。

「あしあと」のところに表示されるバナーは人気枠でほぼ

電子書籍で埋められていて、エントリー制になっており

3か月先まで枠がとれない状況。

色んなクライアント様と話をしてもPCよりモバイルのほうが

効果がいいと言われますね。(バナー広告の場合)

PCは目的をもって検索するユーザーが多いのに対して

モバイルは暇つぶしの要素が強いのが現状です。

(女子高生なんかはヘビーユーザーが多いですが

全体的にみて)

そのためモバイルは直接ユーザーに訴求するBtoC向けだと

言えると思います!

モバイルサイトを利用する際は広告を見てもらっても

おもしろいかもしれません。

僕だけかな。。。。

4 / 4

早1年!

東京で仕事をするようになって早1年。

というかまだ1年。

去年からモバイルの広告代理店で修行。

修行中は、かなり苦労し、上司に厳しく

育ててもらった。

広告代理店の仕事は予想以上に厳しく多忙。

福岡にいる時は物売りの考えで営業していて、

お客さんと人間関係を築いて、商品を購入して

もらうといった感じだったが代理店で

働く時は、『提案』というものに変わった。

最初は、なかなか考えを切り替えることは

難しく上司にかなり怒られたこともあった。

当然、imp、CTR、CPC、CPAなど数字でロジックを

立て説明することも覚えたがこれについても

最初は戸惑った。

物を売る仕事から、形のないものを売ることへ。。

『お客様』から『クライアント』へ。

商品の説明から提案へ。

(当然、提案もしていたが主には説明)

考え方、行動、色んなことが変わった。

お客様のビジネスモデルを理解し、何を求め、

どういった目的があり、広告をうつ狙いなど

ヒアリングし提案する今の仕事は普通の営業職

よりも多くのことを学べる。

毎日常に、アンテナを貼って情報集収し

提案に組み入れる。

しかしこの仕事は、個人の力量が問われる仕事。

提案内容が悪ければ売上は0。

この業界は、努力や根性も必要な要素だが

それだけでは限界がある。

ロジックをたて数字で説明する能力が問われる。

また市場やクライアント様の競合他社の状況を

常に把握していなければならない。

これらのことを学んだだけでもこれまでより

3倍のスピードで成長できたと思う。

しかしまだまだ足りない。

本を読み、人に会い、仮説をたて、検証し

さらなる力をつけなければ。

広告業界で働いて思うのはこの業界で働く営業マンは

他の業界に行っても通用する人材が多いのではと思う。

決まったものを売る力もすごいと思うが

形のないものを売るとなる提案書、ディレクション、

スピード、正確性など多くの要素が必要。

いい業界にいるなぁと思います。

4 / 1

雑誌にとりあげられました!!

今日はちょっと宣伝ぽくて恐縮ですが・・・・・。

弊社で運営しているECサイトが嬉しいことに雑誌に

掲載されました(=⌒▽⌒=)

その雑誌はこちら▼▼▼

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

掲載していただいたサイトは家具通販サイトです。

【サイト名】: 半額家具通販サイト 家具ステーション

(家具ステーションで検索してください)

【URL】:http://www.kagu-station.com/

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

雑誌はeコマースにフォーカスした内容で

ちょっと珍しい家具サイトということで取材依頼が

きました☆

これまで普通の家具サイトを運営していましたが

やはり他社と明確な差別化が必要だということで

リニューアル。

この家具ステーション の特徴はこちらです。▼▼▼




●無料で会員になるとオシャレな新品家具が

 全品半額(約600点)


●1円市場開催

(会員になると1円で商品が買えるチャンス)


●送料無料

(沖縄、北海道、離島については送料負担)




弊社の仕事は、WEB、モバイルのマーケティングで

クライアント様にご提案させていただいています。


簡単に言うと、


「こうやってやれば、WEBやモバイルから集客できると

思います(可能性が高いです)」


といって提案しています。



僕は、コンサルタントの方や、マーケティング手法を

知っているという人と話をするとき、いつも思うことが

あります。



それは



「コンサルできるノウハウもっているのならなぜ自分で

やらないんだろう」



と思ってしまいます。



中には、自分でWEBなどでECサイトをやってリソースを

裂くよりコンサルに集中したほうがいいという意見も

あり、そういった意見もなるほど。とは思うのですが

まず自分が実績を出したほうがクライアント様にとって

安信感があると思っています。

サイトの内容やターゲットによって手法が変わるので一概には

言えませんが自社で実践して成功した手法は自信をもって

提案できます。

そのためにも弊社では自社でECサイトをやっています。

実際、リスティングを管理画面で見て運用したことのある人の

プレゼンと、全く運用したことなく知識だけの人のプレゼンでは

説得力が違います。

(僕も以前まではそういった営業でしたが今ではしっかり

管理画面で運用しています)

まずは自社で実践して、研究、検証して提案していくのが

弊社シンフィールド のモットーです。

話は変わりましてサイトの内容ですが、


【1円市場】


というコンテンツを作りました。

これは無料で会員になってもらって応募。

⇒ その応募者の中から抽選。

⇒ 当選すると出品商品が1円で購入できるというものです。

はっきり言うと赤字ですが、たくさんの方にサイトを

見てもらいたいということを目的にしています。

サイトからの売上が上がれば、高額商品などの出品も

検討しています。

また雑誌では会員になるには月額525円の会費が必要と

ありましたがこれを無料にしました。

色んな方にサイトを見てもらい、いただいたご意見を

反映させました。

結構、ブーイングをいただきまして(泣)

世の中、世界同時金融不安で景気は悪く

GMの破産法の申請するかしないかなど今後の

動向は読めませんが、少しでも安く家具を提供できればと

思っています。

(本音は巣ごもり消費に期待といったところです)

このブログを読んでいただいた方でサイトを見ていただいて

よければブログで紹介していただけると幸いです。

ぜひよろしくお願いします。

【サイト名】: 半額家具通販サイト 家具ステーション

(家具ステーションで検索してください)

【URL】:http://www.kagu-station.com/

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

3 / 30

SKY×こだわりオフ会に参加!!

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

先週、金曜日に上記のオフ会に参加させてもらいました。

場所は飯田橋の、星つきのフレンチのお店。

かなりオシャレでとても雰囲気のいいお店でした。。

今回は②つのオフ会のコラボだったようです。

みなさん、これから何かやってやろうという

パワーがみなぎっているようでした。

参加者は若くして起業した20代~30代前半の方が

多かったように思います。

こだわり社長のオフ会は、すぐに定員に達するという

人気オフ会。

なかなか参加できないレアなオフ会です。

SEMマスターさんの紹介で、こだわり社長をはじめ

色々な方をご紹介いたさきご挨拶させていただきました。

ブログを読ませてもらっている方も何人かいましたが

やはりブログと実際会うのでは全然違い、イメージと違う

人もいてかなり面白かったです。

異業種交流会などは起業当初の3年ぐらい前はよく行って

いましたがあまり意味がないなぁと思っていかなくなって

いました。

しかし今回は久し振りに参加するとこのオフ会は、向上心がある人ばかりが

集まっているようでとても刺激になりました。

おそらく何かに悩んでいる人や、起業した人にはとていもいい

場所だと思います。

また参加したいと思います。

※以外と女性が多かったのでびっくりしました。。。

3 / 29

号泣!!

今日の21時からあった

「DOOR TO DOOR」

という、ドラマを見て号泣。

脳性マヒになった人がトップセールスになった

実話をもとにしたお話。

その方はポーランドの方で訪問販売の営業を

始め3か月でトップセールスとなり今も77歳で健在。

これを見て、

「やれないことは何もない」

と改めて痛感。

今の自分の状況に感謝し、行動するのみ。

このドラマは営業している人は見たほうがいいと思いました。

○野君、見たかなぁ。。。

でも、人を感動させる二宮和也の演技力はすごい。

まさにプロ。

人を感動させる仕事がしたいと改めて思いました。

生前動画サービスやりたいなぁ。

3 / 29

せっかく書いたのに。。。

せっかく時間をかけて書いた文章が見事に

消えました。

書き終わって「公開する」を押したのに。。。。

今回は大作だっただけにかなり悔しい。

さすがに2度は書く気になれず。

でも自分の不注意が原因。

ある本の作者は「雪が降っても自分の責任」というように、

気候まで自分の責任と腹をくくったタイミングから物事が

好転してきたという人もいます。

「言い訳の量と成功は反比例する」





つまり失敗する人ほど言い訳の量が多い。




こうなったのも自分の責任。。。

(涙)(涙)(涙)

3 / 26

名刺完成!!

名刺が完成しました。

以前ブログで、名刺への想いを書いておりましたが

↓      ↓     ↓      ↓

http://ameblo.jp/shinfield/entry-10212385035.htm

ついにできました。といいつつ、先週からできていたの

ですがブログにアップしていなかったでけなんですが。。

ということで名刺はこちら ▼▼▼▼▼▼

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

ちなみに、裏面もあり、事業内容やプロフィールを

書いております。

これは名刺交換していただいた方のお楽しみ

ということで。

またこれまで使ってきた名刺も紹介します。

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

今の名刺は今の名刺とちょっと顔が違います。

これはネット上の業者に作ってもらいました。

1枚170円ぐらいかな。

無駄に生きるな、熱く死ね!!サッカーをこよなく愛するWEBマーケティング会社の社長奮闘記。

この名刺は光具合でキラキラ光ります。

しかも1枚200円!!

いきおいで作ってしまいました。

200円の名刺を渡すので、名刺の話に触れて

くれない人がいる場合は強引に自分から話して

印象づけるということもありました(笑)

今回の名刺はデザインもよく気にいっています。

作ってもらったGREENSTONさんには

何度も修正してもらいましたが快く毎回応じて

くれました。しかも安い。

GREENSTON サイト

http://greenstone.jp/

似顔絵のパターンは描いてくれる人によって

タッチが変わるので5人のイラストレーターさんから

選ばせてもらえて納得の仕上がり。

価格◎

対応◎

スピード◎

と、完璧でした。

名刺作成の場合はぜひおすすめです。

名刺は自分を現すツールなのでとても大事だと思って

います。当然、お取引先への対応などでも差別化は

可能ですが名刺で第一印象の差別化も十分できます。

人と同じことは好きではないので人と違ったことを

したいといつも思っているので身近なツールから

変えています。

名刺が話題になると話も弾みますし、最近、フットサルを

している人が多いのでプロィールを見て反応してくれます。

そうなるとお互いうちとけるのは早いです。

大企業になるとブランド化しているので問題ありませんが

それは所詮、会社の力。

会社にいると営業電話も多いですが、やはり会社名ではなく

担当者と取引を考えます。

個人をブランディングすることはとても大切だと思います。

※ちなみに明日、リスティング広告のプロの

SEMマスター さんのご紹介で新宿でオフ会に参加します。

ブログを見ていただいている方がおられましたら

お気軽にお声かけください。

よろしくお願いします。

3 / 22

足でつかんだ教師の夢

今日の、日経新聞31面の記事に

「足でつかんだ教師の夢」

という記事がでていました。

内容は4歳の時に事故で両腕をなくした

小島祐治さんが色んなことを乗り越えて

現在、教師として活躍しているというもの。

幼い時は、「手なし人間」や「一緒に遊んでも

おもしろくない」などの言葉も浴びせられたとのこと。

しかし大学時代にニュージーランドに留学し

訪問した小学校で、右足でペンを持ち名前を書いたら

大歓声を浴び、「自分の話や行動が誰かの心を

動かすことができる」と思い教師の道へ。

母校での教育実習の最後の授業で、両手を

使った悲惨な事件を受け

「みんなには両手がある。人を傷つけたり、不幸に

したりするためではなく、夢をかなえるために使って

ほしい」

涙ながらに話した。

授業中の写真が掲載されているが見事に足で

チョークを持ち板書しています。

この記事は自分に色んなことを気付かせてくれました。

▼▼▼

■いかに今の自分が幸せであるか

■当たり前を当たり前に思わず日々感謝しなければいけない

■不可能と思われることでも可能にすることができる

僕は、急性胃潰瘍や尿管結石など何度も病気をして

改めて思うのは自分が今、五体満足で、食事をし生活できる

ことがどれだけ幸せかということ。

急性胃潰瘍や、尿管結石は命を失うほど重病ではありませんが

じっとしておれず暴れまわるほどの腹痛に襲われます。

しかも長かった時は、10時間以上。

苦しんでいる時は、

「なんで俺だけこんなことになるんだ」

と思っていました。。

でも世の中にはもっと困難な状況に直面している人に比べれば

一時的な腹痛など大したことはありません。

急性胃潰瘍を繰り返すたびにそう思うようになりました。

人は失って始めて気づくことや、追い詰められた状況に陥って

経験することで感じることがたくさんあります。

今日の記事は改めて色々とをきずかせてくれる

記事でがんばっている教師の小島さんに何かパワーをもらった

ような気がしました。

でも、小島さんの教え子は、普通の教師に教わるより多くの

見えないものを感じると思います。子供のとってはすごく

いいことで小島さんとの想いでは死ぬまで忘れないでしょう。

困難を克服して夢をかなえた小島さんに自分に子供が

できたらぜひ教師として教えてもらいたいと思いました。

僕が親だったらこちらからお願いしたいぐらいです。

3 / 21

Google map モバイル

今日は、社会人サッカーの練習試合で

1時間半もかけて武蔵野へ。

吉祥寺からバスを乗ろうと思ったら

なんと土曜日で1時間に1本。

見事に遅刻するーと思いつつ、近くまで

行くバスに乗り込みました。

そして降りたバス停の場所が目的地の

どの辺かわからず、オロオロ。

しかし困った時の強い味方が。

それはGoogle map モバイル

Google mapモバイルの使い方は知っていましたが

最近、中々使う機会がなかったのですが今日は

使ってみました。

(Googleモバイルで「Google map」と検索すれば

すぐに出てきます」

さすがGoogleと思うほどの高性能。

自分が動くと、見事にGPSで僕の携帯の位置を把握し

サイト上も連動して動きます。

無料地図サービスで他にもあるかもしれませんが

GPSまではどうなんだろう。

しかしこのおかげで無事に到着しました。

Googleの無料ツールは他にももたくさんあり現在色々と

試しています。とくにGoogleカレンダーのモバイル版は

かなり活用しています。当然PCでも使っておりモバイルと

連動していますし、自分だけでなく社内でも

共有することができます。

前職でサイ●●●のシステムを使っていましたが

このGoogleカレンダーで十分です。

(こんなこと書いたら怒られそうですが。。)

早いうちにGoogle無料ツールは全てマスターするつもりです。

また社内でも全員が使えるようにしクライアント様にその

ノウハウを提供していきます。

もともと無料なので知識さえ入れておけば投資コストなしに

有益な情報を提供できます。

WEB、モバイルマーケティング会社として、広告や

プロモーションだけでなくそういったツールの便利な

利用方法を知っているだけで十二分に他社と差別化ができます。

みんなそういうツールがあることは知っていますがでも

全部使いこなせる人はいません。

ITが普及し情報があふれる中、その情報を精査し

身につけることが重要です。

でも人は便利なことがあっても、色んな理由で後回しにしたり

時間がなかったりでなかなかできません。

そういったところもクライアント様や、友人、周囲の方の

役に立てることだと思います。

これは誰でもやれることです。

結局は全てそうですが

「やるかやらないか」

だけです。

やれば人より1歩先にいけます。

それをすることで成長します。

無料ツールをマスターしたら

「Google 無料ツールマスター」

と名刺に書いたりするかも。。。。。

3 / 20

MARUHANの女性

ここ最近、忙しいという言い訳のもと

ブログを書いていませんでした。

自分の備忘録のためにも毎日書くつもり

でしたが。

よく時間がないといいますが

「時間は自分で作るもの」

だといつも思います。ブログを書くのは15分~20分ぐらい。

時間がないなら30分早く起きればいいわけです。

よくメールを返さなかったとか電話してこなかったとか

言うことが友達関係でもありますが、

「トイレに行く暇もなかったのか?」と思ってしまいます。

メールを打つなんてケータイなら30秒。

時間を生み出す力も人としての価値を考えた場合大切なことですね。

自分はまだまだ未熟だなと痛感する今日この頃です。

話はそれましたが題名の話を。。

昨日、新宿のクライアントのところに行く途中に

一人の若い(美人でしたラブラブ!)女性が、通行人に一人ずつ

「おはようございます」

と挨拶をしていました。

遠くから歩いている時に発見したのですが最初は関心する

というよりも不思議な光景で

「なんでやろ?」

と思っていました。

その女性の近くまで歩いていくと、「MARUHAN」の文字。

あのパチンコで有名なMARUHAN。

なるほど。こういった活動もしているんだなと。

MARUHANは確か大分トリニータのスポンサーをしていましたが

Jリーグの規約によりスポンサーを降りなければいけない

状況だったと思います。

パチンコ業界は、なぜかいいイメージを持たれていませんが

こういった活動で地域に貢献している。

すばらしいことです。

またその女性が会社から、やらされているという感じではなく

笑顔でされていました。その女性が自主的にやったのか

会社から言われたことなのかはわかりませんが他がやらないことを

笑顔で実施できることもすごいことです。

これを見てて、中学の時に、校門の前で全員で挨拶運動を

していたのを思い出しました。その時は、顧問の先生を怒らせて

許してもらうためにやったり、集団で買い食いをして坊主になり

反省のためにやっていたりと今はいい思い出ですがやらされて

やっていたのでMARUHANの女性のケースとは全く違いますが。。。

これは少しやらしい話ですが、企業名の入ったウェアを数人で

着て、地域の清掃、挨拶などをすれば企業の認知度は上がります。

これをする前提は地域に貢献したいということが大事ですが

確実にこういった活動をすることで企業ブランドは向上します。

WEBやモバイルを中心にマーケティングの仕事をやっていますが

こういったことはマーケティング手法としても十分活用できます。

高い広告費をかけてTVCMや新聞広告をするよりも地域に貢献できて

企業認知度を高めるこういった方法も一つですね。

AとBという商品があってどちらを買おうかと迷っているとしたら確実に

そういった活動をしている企業の商品を選びます。

また人材採用においてもいい影響があるでしょう。

1つの損得だけ考えずに地域に貢献できて人のためになるような

ことをすることで付加価値として企業ブランドを向上できるかなと思います。

他がやらないちょっとかわったことが大好きなのでいつかやって

みようと思います。

ただそこには企業理念の社員への浸透が不可欠です。